- Blog記事一覧 -JRC療法(関節可動回復矯正法)によるぎっくり腰の施術例

JRC療法(関節可動回復矯正法)によるぎっくり腰の施術例

2017.02.10 | Category: 関節矯正

こんにちは。あおし整骨院の山田です。

当院で行っている施術法のひとつにJRC(関節可動回復矯正)療法という施術があります。

JRC療法は、関節を本来の可動に回復させることに主眼を置いた矯正法です。
(通常の矯正法では、骨の位置関係の回復に主眼を置いています。)

今回は、ぎっくり腰で来院された方をJRC療法で施術したケースをご紹介したいと思います。

【ぎっくり腰のきっかけ】
洗顔後に身体を起こした際、腰にギクッとした違和感を覚え、その後から徐々に痛みが強くなってきたとのこと。

【症状】
・体勢を変えるなど動き始めの痛み

各種検査を行い、仙腸関節の可動制限によるものと判断。

仙腸関節が原因になっている問題には、JRC療法が最適です。

なぜなら、どこの関節が原因になっていても、JRC療法では仙腸関節は必ず調整するキーとなる関節だからです。

仙腸関節へのJRC療法は横向きに寝ている状態で行ないます。

途中で反対の横向きに変えてもらってまた施術ということを2セット繰り返します。

ですから、ぎっくり腰などの腰痛の際は、最初は向きを変えるときに痛みを訴える方が多いです。

ですが仙腸関節の可動性の問題だけの場合には、2セット目には痛みが少し気になるほどに改善します。

今回のケースも同様にうまく矯正することが出来ました。

腰痛や膝痛、肩こり、むちうち症など、関節の可動性が悪いことが原因になっているほとんどの症状をこのJRC治療で治すことが出来ます。

しかも、とても優しい治療なので痛くもありません。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

お気軽にご相談ください!あおし整骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒940-0853
新潟県長岡市中沢1-39-1

駐車場

4台あり

休診日

日曜・祝祭日