- Blog記事一覧 -ばね指(手の腱鞘炎)

ばね指(手の腱鞘炎)

2018.03.17 | Category: 慢性症状,手関節・手指の問題

ばね指とは

ばね指は、屈筋腱の腱鞘炎が進行して起こります。

屈筋腱の腱鞘炎が進行すると、滑膜が腫れ、滑液が多量に分泌されて、滑膜性腱鞘にたまります。

その滑液が指を曲げたときに指の付け根の辺りにたまり、小結節をつくります。

そして、指を伸ばそうとすると、その小結節が靭帯性腱鞘に引っかかります。

そのため、指を伸ばす際に引っかかる感じがしたり、指を伸ばそうとすると指がはじかれたようになることがあります。

また、指の付け根の関節が痛んだり、こわばりを訴えることもあります。

症状が悪化すると、指を曲げられなくなったり、まっすぐ伸ばすことができなくなります。

このような手の腱鞘炎を「ばね指」と呼んでいます。

ばね指の症状

  • 指の付け根が痛む
  • 指の曲げ伸ばしで引っかかる感じがする
  • 指が曲がったままになる・伸びきらなくなる
  • 指がこわばる
  • 手のひら側の指の付け根に出っ張りがみられる

ばね指が疑われる場合

手のひら側の指の付け根の部分を触って指を曲げ伸ばしすると、皮膚の下で出っ張りのようなものが移動するのがわかります。

この場合は、ばね指を起こしている可能性があります。

ばね指の治療法

ばね指は、手の腱鞘炎です。

当院での腱鞘炎の施術は関節可動改善などの関節矯正、運動療法、電気治療などの理学療法、固定が中心です。

詳しい、ばね指の治療法に関しては、手の腱鞘炎の記事をご覧ください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

お気軽にご相談ください!あおし整骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒940-0853
新潟県長岡市中沢1-39-1

駐車場

4台あり

休診日

日曜・祝祭日