- Blog記事一覧 -症状のある部分が必ずしも悪いとは限らない

症状のある部分が必ずしも悪いとは限らない

2018.01.09 | Category: 健康豆知識

人の身体は
「首」「肩」「腰」「手」「足」
などのように区別されています。

 

しかし、これは学問上、認識しやすいようにしているからであって、
本来はそのような区別はなく、
身体全体が互いに関連しあって存在しているのです。

 

身体全部で一つなのです。

 

このため、症状のある部分が
必ずしも悪くなっているとは限らない
のです。

 

このような場合、その症状がある部分に
アプローチしても効果のないことがあります。

 

その症状を出す主要因を探して
その部分にアプローチすることが必要です。

 

症状のある部分が必ずしも悪いとは限らない

 

今回の健康豆知識を活かして、ぜひ行動してみてください。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

お気軽にご相談ください!あおし整骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒940-0853
新潟県長岡市中沢1-39-1

駐車場

4台あり

休診日

日曜・祝祭日