- Blog記事一覧 -関節が正常な可動域を保つために必要なこと

関節が正常な可動域を保つために必要なこと

2018.12.17 | Category: 健康豆知識

関節が必要な可動域を保つために必要な大切な条件があります。

  • 骨や軟骨、滑膜や関節包、靱帯などといった関節の構造に問題がないこと
  • 関節を動かすための主動作筋の筋力が十分であること
  • 動きに伴い、拮抗筋が十分に伸ばされること

ですから、これらの条件が満たされない場合は、正常な関節運動ができません。

関節の構造に問題がある場合の原因

  • 軟骨や関節面の変性・変形(変形性関節症、関節リウマチ、外傷など)
  • 関節包の線維化や滑膜の炎症(関節包肥厚、滑膜炎など)
  • 靱帯や腱・関節周囲の皮膚などの変化(靱帯や腱の炎症・肥厚、熱傷や外傷による瘢痕など)

主動作筋の筋力に問題がある場合の原因

  • 各種の麻痺(脳血管障害、パーキンソン病、脊髄損傷などの中枢性の麻痺、外傷に伴う末梢性の麻痺など)
  • 筋や神経の変性などによる筋力低下(筋ジストロフィー、ギランバレー症候群など)
  • 血行障害(糖尿病、閉塞性動脈硬化症など)
  • その他(動かないことによる廃用などによる筋力低下)

拮抗筋に問題がある場合の原因

  • 筋緊張(脳血管障害や脊髄損傷などでみられる異常な筋緊張など)
  • 血行障害など
  • 動かないことでの筋の短縮など

関節が正常な可動域になっていない場合は、以上のようなことが考えられます。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

お気軽にご相談ください!あおし整骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒940-0853
新潟県長岡市中沢1-39-1

駐車場

4台あり

休診日

日曜・祝祭日