- Blog記事一覧 -頚椎ヘルニアの痛みルート測定結果

頚椎ヘルニアの痛みルート測定結果

2021.06.08 | Category: 痛みルート測定結果

病院にて右側の頚椎ヘルニアと診断された方の「痛みルート測定」結果です。

首から右の手にかけて炎症反応を示すピンク色の痛みルートが現れています。特に右手の薬指、小指につながるルートは、色濃く反応が出ています。

二つ目の図の末梢神経への影響を表した図においても、右手の薬指、小指につながる神経根が影響を受けている反応を示しています。

その他、各種徒手検査でも、ヘルニアを疑われる結果が出ました。

本人、病院での痛み止めや湿布などの治療以外の施術を希望していたため、当院での保存療法を行なっていくことになりました。

「痛みルート測定」の結果では、ヘルニアの部分、以外にも「全身の疲れ」と「下半身の冷え」との測定結果が出ていたので、全身の循環を促す施術も同時に行いました。

約3ヶ月という短い期間で日常生活及び、高負荷な反復動作でも症状が出現しなくなったので通院施術終了となりました。

都合が合わず施術終了時の測定は、出来ず。

今回のケースでは、ヘルニアによる問題の他に、「全身の疲れ」や「下半身の冷え」が混在していました。

同時に処置していったことも早期に改善が見込める結果につながったと考えられます。

「疲れ」「冷え」など客観的な評価が難しい状態も「痛みルート測定」では、分かることが多いので、必要な施術の選択判断にとても役立っています。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

お気軽にご相談ください!あおし整骨院

土曜日は13時までの受付です。

スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら