- Blog記事一覧 -超短波治療器の特徴

超短波治療器の特徴

2019.01.29 | Category: 冷え症

「超短波治療器」は温熱治療器です。

超短波は、ごく波長の短いエネルギーで、
毎秒2700万回も振動します。

この超短波は、体の表面で吸収されずに、
より深部に到達することができます。

超短波が脂肪層などを通過する際、
その振動によって細胞分子が回転し、
体の内側で熱を発生させます。

これが超短波の温熱効果です。

他の温熱治療器にない、超短波治療器の特徴は、
身体の内側(深部)から温められるということです。

◎超短波治療器を受けたあとの感じ

『身体がポカポカする』
『今まで冷たかった場所が暖かく感じる』
『喉に違和感があったのに無くなった』
『肩こり腰痛が楽になった』
『今まで気になっていた痛みが薄らいだ』
『夜寝ていて目が覚めなくなった』
『朝の目覚めが良くなった』
『けだるい感じが少し続いたがその後、楽になった』
などの様々な感じ方が現われています。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

お気軽にご相談ください!あおし整骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒940-0853
新潟県長岡市中沢1-39-1

駐車場

4台あり

休診日

日曜・祝祭日