- Blog記事一覧 -交通事故のむちうち症

交通事故のむちうち症

2018.02.06 | Category: 首の問題

何か問題が発生したときは、その専門機関に相談することが最善です。

交通事故でむちうち症になった時などもそうです。

ですが、自分にあった専門機関を探すには、少しでも自分の問題を把握しておくことも重要です。

この記事は交通事故で一番多い、むちうち症について記載してあります。

むちうち症とは

「むちうち症」は交通事故の衝撃により首をムチの様にしなって痛めることから「むちうち症」と呼ばれています。

交通事故による「むちうち症」の正式な傷病名は、「頚椎捻挫(けいついねんざ)」「頸椎挫傷(けいついざしょう)」です。

ねんざは、靭帯(じんたい)を損傷すること

挫傷は、皮膚は傷つかないが筋肉、神経や血管などの皮下組織や深部が傷つくこと

むちうち症とは、首がねんざや挫傷してしまった状態です。

病院で検査を受けても、多くの場合「骨に異状なし」と診断されるのはこのため

むちうち症の症状

「むちうち症」は、交通事故の衝撃で首周辺の筋肉、靭帯、関節、神経や血管などが損傷した状態です。

このため、むちうち症を起こすと首の痛み、肩や背中の痛み、頭痛、吐き気、めまいや手のしびれ、上腕部や前腕部の重ダルさなどいろいろな症状が出現します。

むちうち症は、さまざまな症状を引き起こす

むちうち症の症状の現れ方

交通事故時の状況などによって異なりますが時間の経過とともに徐々に出現する場合が多いです。

時には、2、3日後などあとから出現する場合もあります。

ですから事故当初、自覚症状がないからといって軽く考えないで必ず検査を受けましょう!

自覚症状がなくても必ず検査を!

むちうち症の治療期間

むちうち症の治療にかかる期間は交通事故の状況やケガの程度、日常生活などの要因によって変わってきます。

ねんざした際の靭帯の治癒期間は、約1か月です。

ですから、早い人では、1か月で完治する方もいます。逆に長い人は1年以上かかる人もいます。

というように、治療期間はまちまちです。

傾向としては、約3~6か月の方が多いです。

確実に言えることは、早期改善や後遺症を残さないためには、早期治療開始、完治までしっかり治療することが重要なのは確かです!

むちうち症の治療はなるべく早めに開始する

交通事故のむちうち症専門治療の必要性

交通事故のむちうち症は、特に慎重な治療が必要です。

交通事故の衝撃に対する身体の身構え(防御反応)が起きずに衝撃を受ける為、重症になりやすく、改善しにくくなることが多いからです。

また、交通事故の衝撃は、首にかかるだけではありません。

全身に衝撃が加わります。

どこに問題が発生してもおかしくないということです。

ですから、自覚症状がない部分でも問題が発生していることもあります。

これらを含めて総合的に考えて治療が必要です。

局所で考えるにしても痛い場所が首だけといってもそこには、いろいろな組織からの痛みがあります。

筋肉、靭帯、関節包、神経や血管などなど。

それぞれ、治療に必要な方法が違います。

そこに各組織を細かく分類、全身の関節アライメント(配列)異常の有無や心理的要因などを総合的にみるとより複雑なアプローチが必要になってきます。

それなのに「ねんざ」とひとくくりに流れ作業的に治療を行なってしまえば症状が長引いたり、後遺症が残りやすくなってしまいます。

ですから、むちうち症などの交通事故での外傷は、専門的に治療を行なっていく必要があります。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

お気軽にご相談ください!あおし整骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒940-0853
新潟県長岡市中沢1-39-1

駐車場

4台あり

休診日

日曜・祝祭日